2014年

5月

30日

設計監理料のこと

初回プレゼンテーションの例/ウチアトリエ
初回プレゼンテーションの例/ウチアトリエ

「設計監理料についてどうしている?」ということが話題にのぼり、5人でざっくばらんにおしゃべりをしました。これから家を建てる方も、なんだか不透明でよく分からない印象をお持ちかと思います。明快に算出することができればお互いどんなに良いかと思うのですが、なにせ「建築設計」とは、様々な条件の中から一番良い形を創造して、それを実現できるように図面を描くことなので、どのくらいの時間を費やす必要があるのか、設計をスタートする際にははっきりと決められないのが現実です。ただ、絵を描く事とは違って、蓄積された技術と経験の上で成り立っているので、一級建築士の日給等の目安は明快にされています。

 

続きを読む

2013年

8月

01日

家具と建築

家具の金額

 

: 知り合いから「今度新しくオープンする施設の家具を選んでほしい」と言われて、ある家具メーカーのカタログを取り寄せて代理店の人に話を聞いたら、そこはデザイナーと組んでオリジナル家具をつくったりもしてて、結構安くて、デザインもよくて、色や数も対応できて、しかも椅子一脚からでも対応してくれる。普段住宅の設計をしてると家具の選択肢って木曽三岳(奥村設計所)(※1)やハンス・ウェグナーみたいなデザイナーものか、デパートの家具売場かIKEAかみたいになりがちだけど、施設だと数が多くて高い家具は揃えられないし、だけど量販店の家具もちょっと…と。

で、その時にいい感じの家具が手軽な価格で大量に手に入るルートを知ったの。脚の長さとか細やかに対応してくれて、これまでの自分の知らない世界だった。

みんな : へぇー、そうなんだー。 (みんなでその家具メーカーHPを眺める)

: 安い高いっていうのはどのくらいのことを言うの?

: 例えば「木曽三岳」の椅子なら、一脚10万円くらい。

: 「IKEA」(※2)とか「無印良品」(※3)とかなら?

: 1万円くらいか、それ以下でもあるよね。

: それがその家具メーカーだと?

: モノによるけど、一脚2万円とか、3万円とか。それに色とかサイズとかきめ細かく対応してくれる。

みんな : これなら現実的だね。

: 一般ユーザーがなかなかアクセスしないところだけど、こんな買い方があるんだなと思って。その後も紹介で家具を選んでほしいという話は結構あって。

: その家具を選ぶ仕事はどんなきっかけで関わることになったの?

: 既存建物を老人福祉施設にリニューアルする仕事をした時に六角形が2つに分かれるテーブルをつくったのね。六角形のまま使うとそれぞれの辺に1人ずつ座って6人座れて、横に並べると細長いテーブルとしても使えて、大きな輪にすることもできる。これに高さ調節できる脚をつけた。

: これいいですね。

みんな :すごくいいー。すごいアイディア。

: これが評判よくて、施設を見学に来た人から「同じ物をつくってほしい」という話がポツポツ来て、そこから話が展開して、新規オープンする施設全体の家具の相談に乗ってほしい、と。家具を選ぶだけの仕事だけど、設計者だと建築をわかった上で提案するせいかとても喜ばれて、こんな需要もあるんだなと。

: 建物の設計とはまた違った「目利き」の仕事という感じかな。

みんな : そうだね。

続きを読む